ようこそ、このページは皆様の一陽来復を願うサイトです。

想うことが思うようになる努力―ドトールコーヒー成功の原理・原則


「想うことが思うようになる努力―ドトールコーヒー成功の原理・原則」鳥羽 博道 (著)

ドトールコーヒー社長の鳥羽博道が、自ら、その人生を語り、その背景にある著者の哲学や夢を語っている。著者は、高校一年生であった16歳のときに家を飛び出し、東京の喫茶店で働きはじめ、その後、コーヒーの焙煎の会社に入り、喫茶業界で働くことの意義に目覚めたという。そして、ある出来事をきっかけに自分の考える理想の会社を実現したいと考え、コーヒー焙煎・卸の会社を始めることになる。当時の退廃的な喫茶業界に危機感を感じ、健康的で明るい喫茶店づくりをめざし、現在のコーヒーショップのモデルを築きあげてきた。
この本では、現在までの経緯のみならず、著者のコーヒーにかける思いとこだわりなど、その底辺にある哲学も語られている。
ドトールコーヒーでは、採用に際して、試験を行わず、面接のみを中心に「伸びる人材」を採用してきたという。著者の経験から判断する「伸びる人材」の性格は、
・負けず嫌いな人、
・正義感がある人、
・人に喜んでもらうのが好きな人、
・厳しさと思いやりを兼ね備えた人、
・テーブルの上のことだけでなく、
・仕事のやり方、組織のあり方に至るまで整理整頓が上手な人、
・利害損得だけで物事を判断せず、何が正しいか判断できる人、
・根気強い人
だという。

著者の座右の銘にしている言葉は、「因果倶仁」(いんがぐじ)というお釈迦様が説いた言葉であるそうであり、これは「原因と結果というものは必ず一致するものだ」という意味だという。現在の自分がどういう位置にあるかを知りたいと思うなら、過去の原因を見てごらんなさいということであり、原因を積み重ねてきた結果として今日がある。自分自身が毎日、未来の結果に対する原因を積んでいるという人生の真理を表している言葉であるととらえ、明確に目標をとらえ、一ミリづづでも目標に近づくように取り組んでいるという。そして、著者はこれを「想うことが思うようになる努力」だと考えていると語っている。


豊富な20万プランから探せる!宿のクチコミ25万件のじゃらん。


デル、お得なキャンペーン情報


ワンちゃん×ネコちゃん プレゼントキャンペーン


肌の健康応援!ネオナチュラル


★最安109円の宿★卸値 直前予約だから安い トクー!トラベル


powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional